本文へスキップします。

【全】ロゴ上キャッチコピー

エンターテイメント情報 チケット購入サイト

【全】サブナビ

当サイトはパソナグループ スタッフ・社員・ベネフィットワン会員向けのサービスになります。一般の方はご利用になれませんのでご注意下さい。

【全:スマホ】ヘッタリンク

【全:スマホ】PCスマホ切替(ヘッタ)

H1

タクフェス第6弾『あいあい傘』

エディタV2

2012年に惜しまれながら解散した劇団「東京セレソンデラックス」が2007年に上演した舞台『あいあい傘』が、2018年秋に映画版と舞台版で復活!

俳優・脚本家の宅間孝行が率いた東京セレソンデラックスの作品は、再演や映像化されることも多いが、『あいあい傘』は2007年に東京と大阪で上演されたきり。再演を望む声も多かったが、その機会は訪れず、ファンの間では“幻の名作”と言われていた。11年の沈黙を経て、映画版と舞台版でスケールアップして甦る『あいあい傘』は、映画の監督・脚本、舞台の作・演出ともに、現在は「タクフェス」を主催する宅間が務める。

『あいあい傘』は、とある田舎町で起こる、父と娘の再会の物語。娘の高島さつきは、25年前に失踪した父親・六郎を探して恋園町へやってくるが、六郎には新しい家族がいた。果たして、さつきと六郎は再会できるのか……。

【ものがたり】

1990年代初頭のある夏の日の夕暮れ。雨がぱらつく中、恋園神社にふらりと一人の男が現れる。世を儚んでいるその見知らぬ中年の男、六郎に、お茶屋「恋園庵」の店主・玉枝は、そっと傘をさしてやるのだった…。

それから月日が流れること25年。恋園神社に祭りの季節が訪れた。年に一度の賑わいをみせるこの日、テキ屋の清太郎は仲間のヒデコや力也と共に縁日の準備を進めていた。六郎はあの日以来、玉枝と生活を共にするも、玉枝の娘、麻衣子との関係がうまくいかず悩んでいた。

そこに突然現れた、自称カメラマンの高島さつき。清太郎は運命の出会いと浮かれるが、彼女がここに来た目的はただ一つ、25年前に失踪した父を探し出し、連れ帰ること…。

詳細テーブル

ホームページ http://takufes.jp/aiaigasa/
作・演出 宅間孝行
出演 星野真里 宅間孝行/
鈴木紗理奈/竹財輝之助 弓削智久 大薮 丘 前島亜美 越村友一 柿澤仁誠・佐田 照(Wキャスト)/
モト冬樹 川原亜矢子/永島敏行
会場 サンシャイン劇場(東京・池袋)
公演日程 2018年
11月3日(土祝)12:30/17:30
11月4日(日)12:30
11月5日(月)13:30
11月7日(水)13:30/18:30
11月8日(木)13:30

※開場は開演の45分前
料金 ご優待!
全席指定 S席
 定価 8,000円
⇒ 平日 7,200円
⇒ 土日 7,600円
※ 未就学児入場不可
申込締切日 2018年10月15日(月)まで
予定枚数になり次第終了いたします。

エディタV2