本文へスキップします。

【全】ロゴ上キャッチコピー

エンターテイメント情報 チケット購入サイト

【全】サブナビ

当サイトはパソナグループ スタッフ・社員・ベネフィットワン会員向けのサービスになります。一般の方はご利用になれませんのでご注意下さい。

【全:スマホ】ヘッタリンク

【全:スマホ】PCスマホ切替(ヘッタ)

H1

ミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』

エディタV2

愛は無様で、素晴らしい。

「ウエスト・サイド・ストーリー」、「スウィーニー・トッド」等、数々の名作を生み出したミュージカル界の巨匠スティーヴン・ソンドハイムの最高傑作との呼び声高い『リトル・ナイト・ミュージック』。

イングマール・ベルイマン監督の『夏の夜は三たび微笑む』(1955年)に着想を得たミュージカル・ラブ・コメディで、20世紀初頭のスウェーデンを舞台に、求めあいながらこっけいにすれ違う、様々な男女の愛の行方を描き、初演以来トニー賞7部門、グラミー賞2部門の栄冠に輝いた名作です。

クライマックスで、主役デジレがしみじみと歌うナンバー“Send in the Clowns”は、名女優たちに愛される楽曲としてあまりにも有名で、過去にジュディ・デンチ、グレン・クローズらが、女優ならではの万感に迫る歌唱で、賞賛を集めました。

【STORY】

20世紀初頭のスウェーデン。18歳のアン(蓮佛美沙子)と再婚した中年の弁護士フレデリック(風間杜夫)はなかなか妻に手が出せず、結婚して11ヶ月経った今もアンは処女。フレデリックと前妻の息子、ヘンリック(ウエンツ瑛士)も密かに義母アンに恋心を抱いていた。

ある日、芝居を観に行くことになったフレデリックとアン。主演女優のデジレ・アームフェルト(大竹しのぶ)は実はフレデリックの昔の恋人なのだが、何も知らないアンは無邪気に喜ぶ。しかしフレデリックが寝言で「デジレ…」と言ったことで不信感を抱く。

観劇当日、スポットライトを浴びるデジレの顔を見た瞬間、アンはフレデリックとデジレの関係を疑い、泣きながら席を立つ。帰宅後、なんとかアンをなだめ、寝かしつけたフレデリックはデジレに会いに行く決心をする。

14年ぶりに再会を果たした二人は、互いの近況を語り合う。やがて昔を懐かしむようにベッドルームに向かったところで、デジレの現在の恋人で女房持ちのカールマグナス伯爵(栗原英雄)が突然来訪。デジレとフレデリックはなんとかその場を取り繕うが、伯爵は二人の仲を怪しみ、妻・シャーロット(安蘭けい)にフレデリックのことを調べるよう命令する。

早速アンを訪ねたシャーロットは、二人は互いの夫をデジレに取られたことを知り、慰め合う。
一方フレデリックのことが気になるデジレは自分の母親と娘が住む田舎の屋敷に、フレデリック一家を招待することを計画する。伯爵夫妻もこの件を嗅ぎつけ、強引に田舎へ向かう。

ついに顔を合わせることになった三組の家族。フレデリックと二人きりになるチャンスをうかがうデジレ、デジレを独占しようとする伯爵、伯爵を取り戻そうと一計を案じるシャーロット、シャーロットに協力するアン、アンへの想いを押さえきれないヘンリック……それぞれがさまざまな思惑を抱きながら、一夜を共にすることになるが・・・・・・。

詳細テーブル

作曲・作詞 スティーヴン・ソンドハイム
脚本 ヒュー・ホィーラー
翻訳・訳詞 高橋知伽江
演出 マリア・フリードマン
キャスト 大竹しのぶ/蓮佛美沙子/安蘭けい/栗原英雄
安崎 求  トミタ栞  瀬戸たかの
木野 花/ウエンツ瑛士/風間杜夫
彩橋みゆ  飯野めぐみ  家塚敦子  中山 昇  ひのあらた
公演日程 2018年4月8日(日)~30日(月・祝)
★ご優待価格でのお取り扱いは、全日程
☆詳しい公演日時はHPにてご確認ください。

http://www.tohostage.com/alittlenightmusic/
会場 日生劇場 (東京・日比谷)
料金 40% OFF!
全席指定
S席
 定価 13,000円 → 7,500円
※税込み
※未就学児はご入場いただけません。
申込み方法 ①本ページ一番下の<チケットのご予約はコチラ>へ進んでいただき、
「氏名」 「メールアドレス」 「スタッフコード・社員番号」をご入力ください。
②ご予約後、チケット申込先+パスワードをお知らせいたします。

※主催者側へ、インターネットで、直接お申込みいただきます。
※お申込みのタイミングにより完売のお日にちがある場合もございます。
申込締切日 各公演日の3営業日前まで
(主催者側へのチケット申込みは、各公演日の2日前までとなります。)

エディタV2