本文へスキップします。

【全】ロゴ上キャッチコピー

エンターテイメント情報 チケット購入サイト

【全】サブナビ

当サイトはパソナグループ スタッフ・社員・ベネフィットワン会員向けのサービスになります。一般の方はご利用になれませんのでご注意下さい。

【全:スマホ】ヘッタリンク

【全:スマホ】PCスマホ切替(ヘッタ)

H1

PARCO Production『この熱き私の激情』~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。 あるいは、失われた七つの歌~

エディタV2

女であることへの戸惑い、怒り、コンプレックス、そして生きていくことへの辛さ、悲しみ、無力感と孤独。6人の女優と1人のダンサーで演じる女の生涯― 。

たった8年の間で、心の内側に秘めたその怒りを爆発させ、強烈で目をそらしてしまいそうな作品を執筆し、大胆かつ悲劇的に去って行った小説家ネリー・アルカン。
この作品は2013年にカナダ・モントリオールのESPAS GOにて、ロベール・ルパージュと長年コラボレートし彼の作品に多く出演、そして中谷美紀の初舞台となった『猟銃』のカナダ版の女優であり、演出家でもあるマリー・ブラッサールの翻案、演出で上演、その年の話題を総なめにしました。
この作品を日本の輝ける6名の女優とアーティストで上演いたします。 松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、霧矢大夢という女優6名に加え、ダンサーとして国内外で活躍する奥野美和というまさにベストキャストとも言うべき女優・アーティストが集結しました。

ネリーの書いた小説は、ほぼ自身の生涯を綴ったもの。モントリオールで高級娼婦だった時代のこと、これまでの人生、自分が「女」であること、あるいは家族の中でつねに感じていた疎外感などを赤裸々に小説の中に練りこんでいます。

この作品はパリでセンセーショナルなデビューを飾った小説「Putain (「邦題:キスだけはやめて」)」、「Folle(「狂った女性」という意味)」、 「Burqa de chair(「肉のブルカ」という意味)」、 「L‘enfant dans le miroir(鏡の中の子供)」の一部で構成されており、出演者7名(女優6名と1名のダンサー)が異なる立ち位置から、心の襞を、痛みをアレクサンダー・マクスウィーンの音楽とともに語り、描きだしていきます。

懸命にもがき生きた1人の女性の中に渦巻く様々な感情、そして死へと向かうさま万華鏡のように舞台に照らし出され、それぞれの声、ことばが重なりあい、舞台にこだまします。

詳細テーブル

台本 マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
原作 ネリー・アルカン
翻案・演出 マリー・ブラッサール
出演 松雪泰子 小島聖 初音映莉子 宮本裕子
芦那すみれ 奥野美和 霧矢大夢
ホームページ http://www.parco-play.com/web/program/gekijo2017/
公演日程 2017年
11月 4日() 18:00
11月 5日() 14:00
11月 6日(月) 19:00
11月 7日(火) 14:00
11月 9日(木) 14:00 / 19:00
11月10日(金) 19:00
11月11日() 14:00 ※完売 / 19:00
11月12日() 14:00
会場 KAAT神奈川芸術劇場 <ホール>
料金 全席指定 S席 定価 9,000円  → 7,700円(税・送料込み)
未就学児のご入場はお断りいたします。
申込締切日 2017年9月19日 13:00まで
予定枚数になり次第終了いたします。

エディタV2