本文へスキップします。

【全】ロゴ上キャッチコピー

エンターテイメント情報 チケット購入サイト

【全】サブナビ

当サイトはパソナグループ スタッフ・社員・ベネフィットワン会員向けのサービスになります。一般の方はご利用になれませんのでご注意下さい。

【全:スマホ】ヘッタリンク

【全:スマホ】PCスマホ切替(ヘッタ)

H1

パルコ・プロデュース2019「母と惑星について、および自転する女たちの記録」

エディタV2

2016年8月に一度幕を下ろした旧パルコ劇場の最後を華々しく飾った書き下ろし舞台が、紀伊國屋ホールにて上演決定!
09年「まほろば」で岸田國士戯曲賞を受賞し、パルコ・プロデュースゆかりの蓬莱竜太と、日本のみならず韓国など国外でも活動の幅を広げている演出家、栗山民也が、パルコ劇場最後の新作舞台のために立ち上げた意欲作です。また、今作で蓬莱竜太は第20回 鶴屋南北戯曲賞を受賞しています。

テーマは、“命”。普遍的で、それでいてさまざまな色や形をもつ「家族」。
蓬莱が女性4人を中心に描く家族の在り方は、特に母と娘という関係にひそんでいる独特の愛憎を浮かび上がらせ、栗山民也の人間への深い洞察力により、悲しくも愛しい「家族」と「女たち」の「生きる」姿と形を描き出します。

登場人物は、母と三姉妹の女性4名。
新キャストを含めた、実力派女優の豪華競演。

出演者は、初演のキャストを2名、新キャストを2名の編成でお届けいたします。
今作での演技が高く評価され、第24回読売演劇大賞・最優秀女優賞を受賞した鈴木杏が次女役を、「夜叉ケ池」(04)の田畑智子が長女役を、初演と同じく務めます。
新キャストとして、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインを務め、近年活躍めざましい注目の若手女優・芳根京子が三女役、「フェードル」(17)「にんじん」(17)と近年の栗山演出作品に立て続けに出演し、確かな演技力を見せつけたキムラ緑子が母親役を演じます。

それぞれ圧倒的な存在感と演技力でクセのある4人の女性をどう演じ、母娘4人の愛憎による闘いがどのように繰り広げられるのか、壮絶な4人のドラマにどうぞご期待ください!!


【ストーリー】

突然の母の死からひと月。私たちは何と決別すればいいのか。

徹底的に放任され、父親を知らずに育った三姉妹は遺骨を持ったまま長崎からあてのない旅に出る。
「私には重石が三つ必要たい」毎日のように聞かされた母の口癖が頭をめぐる。次第に蘇る三姉妹それぞれの母の記憶。
奔放に生き、突然消え去った母。母は、何を欲していたのか。
自分はこれからどこに向かえばいいのか…。三姉妹の自問の旅は続く…。

詳細テーブル

蓬莱竜太
演出 栗山民也
出演 芳根京子 鈴木杏 田畑智子 キムラ緑子
公演日程 2019年
3月 6日(水) 18:30 ※完売しました
3月 7日(木) 18:30 ※完売しました
3月25日(月) 18:30 ※完売しました


※開場は開演の30分前
※未就学児のご入場はお断りいたします。
※営利目的の転売禁止。
※車椅子でご来場予定のお客様は、あらかじめご観劇券(チケット)をご購入の上、座席番号を サンライズプロモーション東京までお早めにご連絡くださいませ(受付はご観劇日前日まで)。ご観劇当日、 係員が車椅子スペースまでご案内いたします。また、車椅子スペースには限りがございますため、ご購入の お座席でご観劇いただく場合もございます。予めご了承くださいませ。なお、車椅子スペースの空き状況に つきましては、サンライズプロモーション東京にてご案内しておりますので、チケットご購入前に お問合せくださいませ。(TEL:0570-00-3337)
会場 紀伊國屋ホール(東京都新宿)
料金 ご優待!
全席指定
 定価 8,500円 → 6,500円 ※税込み ※完売しました
※ 未就学児入場不可
※ チケットは簡易書留にてお送りさせていただきます。
※ 社員の皆様へは社内便を利用いたします。
  お申込みの際、備考欄へ<社名+部署名>も必ず記載ください。
申込締切日 2019年2月12日(火)まで
※ 定枚数になり次第 終了させていただきます。

エディタV2