本文へスキップします。

【全】ロゴ上キャッチコピー

エンターテイメント情報 チケット購入サイト

【全】サブナビ

当サイトはパソナグループ スタッフ・社員・ベネフィットワン会員向けのサービスになります。一般の方はご利用になれませんのでご注意下さい。

【全:スマホ】ヘッタリンク

【全:スマホ】PCスマホ切替(ヘッタ)

H1

ミュージカル『HEADS UP !』(ヘッズ・アップ!)

エディタV2

一万人を熱くさせた奇跡のバックステージ・ミュージカル!

本作は、普段表舞台に登場することのないバックステージで働く舞台スタッフの奮闘を、心弾む音楽に乗せて送るオリジナルミュージカル。いわゆる“バックステージもの”は役者を中心に舞台裏のドタバタが繰り広げられますが、本作は新人とベテラン二人の“舞台監督”を軸に展開します。

ガランとした素舞台に大道具のセットが組まれ、照明、音響、衣裳、制作、小道具、演出部と、各セクションのスタッフが本番に向かっていく姿を余すところなくご覧いただける、前代未聞の“舞台メイキング”ミュージカルです。

トラブル続出、すったもんだの挙げ句についに幕が開き、感動の大フィナーレ! ……かと思いきや、本作がさらにユニークなのは、幕が降りてから“バラシ”と呼ばれる劇場撤収作業までが描かれること。「そんなのドラマになるの?」と思われがちですが、心配はご無用。客席から観ているだけでは到底想像のつかない舞台制作のスタッフワーク、誇りをもって舞台を支え、愛する人々の群像劇が本格的ミュージカルとして描かれます。

【あらすじ】
ミュージカルファンなら誰もが知る”あの名作”が1000回目の公演を終え、華々しく終了する、はず…だった。 しかし、主演俳優の鶴の一声で、某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することに! さあ、現場はてんやわんや。舞台美術は廃棄済み、スタッフの人手も足りない、キャストのスケジュールも押さえていない…、さらに、舞台の総指揮を執るのはこの作品が初めて、という新人舞台監督!とんでもない条件の中でもスタッフたちは必死に幕を開けようと奮闘する。

幸か不幸か、チケットは完売、つまり観客が待っている!! 果たして幕は無事に開けられるのか…。
そして主演俳優が1001回目の上演にこだわった理由とは…?

詳細テーブル

原案・作詞・演出 ラサール石井
脚本 倉持 裕
作曲・音楽監督 玉麻尚一
出演 哀川 翔 相葉裕樹 橋本じゅん 青木さやか 池田純矢
今 拓哉 芋洗坂係長 オレノグラフィティ 陰山 泰
岡田 誠 河本章宏 新良エツ子 井上珠美 外岡えりか
大空ゆうひ 中川晃教 ほか
ホームページ http://www.m-headsup.com/
公演日程 2018年
3月 8日(木) 13:00
3月 9日(金) 18:30
3月10日(土) 17:00

※開場は開演の30分前
会場 TBS赤坂ACTシアター (東京・赤坂
料金 全席指定 定価 10,800円  → 9,700円(税・送料込み)
未就学児のご入場はお断りいたします。
申込締切日 2018年2月13日 まで
予定枚数になり次第終了いたします。

エディタV2