本文へスキップします。

【全】ロゴ上キャッチコピー

エンターテイメント情報 チケット購入サイト

【全】サブナビ

当サイトはパソナグループ スタッフ・社員・ベネフィットワン会員向けのサービスになります。一般の方はご利用になれませんのでご注意下さい。

【全:スマホ】ヘッタリンク

【全:スマホ】PCスマホ切替(ヘッタ)

H1

『中村勘九郎 中村七之助 春暁特別公演 2018』

エディタV2

舞踊の上演と、歌舞伎の見方や舞台裏を勘九郎、七之助が楽しくレクチャーする「芸談」をお届け!

勘九郎と七之助が、なかなか歌舞伎に足を運んでいただけない全国各地の皆様に歌舞伎をお届けしたいと、今回は春に公演を行います。二人の素顔のトークが楽しい「芸談」のほか、勘九郎が『浦島』、七之助が『枕獅子』を披露。ほかに、一門の弟子たちが『鶴亀』を踊ります。

<春暁特別公演とは>
中村勘九郎、中村七之助を中心に、中村屋一門が毎年行う全国巡業公演、それが春暁特別公演です。時期によって「錦秋」、「新緑」と銘打つこともあり、2005年より毎年欠かさず行われています。

歌舞伎座のある東京をはじめ、歌舞伎を見る事が出来る劇場は全国でも限られています。きっかけはある時2人の元に若いファンの方から「地方にいると交通費や宿泊費がかかってなかなか歌舞伎を見に行くことが出来ない」という内容のお手紙が届きました。そのことをきっかけに「自分たちが全国各地に足を運び、たくさんの方に歌舞伎を見てもらおう」と全国巡業の特別公演が始まりました。

毎年いろいろな演目を取り上げ、年によっては和太鼓や津軽三味線とのコラボレーション行うなどお客様に楽しんで頂けるように工夫を凝らしています。

2018年は全国12カ所のホールを廻ります。

【演目】

一、芸談
中村勘九郎と中村七之助が皆様にご挨拶をさせていただきます。
本公演ならではの二人の対談にご期待下さい。

二、鶴亀
新春を迎え、春の節会が行われている宮廷。
その庭で鶴と亀達が帝の長寿と弥栄を願うめでたい舞を舞うと、帝みずからも舞楽に興じます。
春にふさわしい格調高い祝儀舞踊をご堪能下さい。

三、浦島
竜宮城へと招き入れられ、乙姫と共に夢のような時を過ごした浦島。
玉手箱をもらって現実の世界に帰ったものの、乙姫への激しくも切ない思いが募るばかりの浦島は楽しかった日々を思い出しながら玉手箱を開けてみると・・・。
古来より伝わる伝説を舞踊化した一幕をたっぷりとお楽しみ下さい。

四、 枕獅子
廓の大広間に現れた美しい傾城。
切ない女心を品良く舞った後、手獅子を手にすると女らしい獅子の精となり二枚扇の白頭をつけて華やかに舞い納めます。
皆様ご存知の「鏡獅子」の元となっている優美な舞台を存分にご堪能下さい。

詳細テーブル

歌舞伎人 http://www.kabuki-bito.jp/news/4447
公演日程 2018年
3月18日(日) 11:30
3月18日(日) 15:30

※開場は開演の30分前
会場 中野ZEROホール (東京・中野
料金 全席指定 S席 8,500円(税・送料込み)
未就学児のご入場はお断りいたします。
申込締切日 2018年2月19日 まで
予定枚数になり次第終了いたします。

エディタV2