本文へスキップします。

【全】ロゴ上キャッチコピー

エンターテイメント情報 チケット購入サイト

【全】サブナビ

当サイトはパソナグループ スタッフ・社員・ベネフィットワン会員向けのサービスになります。一般の方はご利用になれませんのでご注意下さい。

【全:スマホ】ヘッタリンク

【全:スマホ】PCスマホ切替(ヘッタ)

H1

<東京バレエ団>ブルメイステル版『白鳥の湖』全4幕

エディタV2


© Kiyonori Hasegawa

凛として美しい白鳥たちの群舞、悪魔が躍動する舞踏会。 古典の美しさとワクワク感が一体なった、決定版「白鳥の湖」!

バレエの代名詞ともいえる「白鳥の湖」は、白鳥に姿を変えられたオデット姫と彼女に愛を捧げるジークフリート王子の恋をめぐる幻想的な物語。月夜の湖畔で白鳥たちが美しく神秘的に舞う第2幕、舞踏会で情熱的な民族舞踊や、悪魔の娘オディールが王子を誘惑するダンス──グラン・パ・ド・ドゥが繰り広げられる第3幕など、見どころ盛りだくさんの、まさにクラシック・バレエの金字塔です。

東京バレエ団はこの「白鳥の湖」の名演出であるブルメイステル版を、芸術監督斎藤友佳理の就任後初の一大プロジェクトとして2016年に上演。その公演を観るためにロシアから来日したブルメイステルの娘、ナタリヤ・ブルメイステルをして「初演の舞台を思い出した」と言わしめたほどの成功を収めました。自慢の一糸乱れぬ群舞から、悪魔とその手下たちが活躍する舞踏会の場面まで、その美しくドラマティックなステージを新キャストも加えた今回の再演でどうぞお確かめください!


© Kiyonori Hasegawa

<ブルメイステル版「白鳥の湖」とは?>

ロシアの振付家ブルメイステルによる、世界的に成功を収めたドラマティックな演出版です(1953年初演)。 ブルメイステルはチャイコフスキーの原曲に立ち返り、ドラマ性を高め、最大の見どころである第三幕では民族舞踊の踊り手が実は悪魔の手先だったという、劇的な展開に変更しました。
1960年にはパリ・オペラ座バレエ団が「白鳥の湖」初演にこの版を採用。ミラノ・スカラ座バレエ団のレパートリーにもなっています。


© Kiyonori Hasegawa


© Kiyonori Hasegawa

詳細テーブル

改訂振付 ウラジーミル・ブルメイステル、(第2幕)レフ・イワーノフ/アレクサンドル・ゴールスキー
音楽 ピョートル・イリイチ・チャコフスキー
主な配役 ■06月29日(金)18:30  オデット/オディール:上野水香、ジークフリート王子:柄本弾
■06月30日(土)14:00  オデット/オディール:川島麻実子、ジークフリート王子:秋元康臣
■07月01日(日)14:00  オデット/オディール:沖香菜子、ジークフリート王子:宮川新大
指揮 ワレリー・オブジャニコフ
演奏 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
ホームページ https://www.nbs.or.jp/stages/2018/swan/
取扱日程 2018年
6月29日(金) 18:30
6月30日(土) 14:00
7月 1日(日) 14:00

未就学児童のご入場はお断りします。
料金 特別ご優待 約35%OFF! 全席指定
A席 8,000円 ⇒ 5,300円
B席 6,000円 ⇒ 4,000円(税・送料込)
※ 公演チケットは当日、会場にてお引取りとなります。詳細は入金確認後にご案内いたします。
※ 出演者変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の変更はお受けできません。
※ ご入金後のキャンセルはお受付できません。予めご了承ください。
会場 東京文化会館 (上野)
申込締切日 2018年6月21日(木)13:00まで
枚数限定の為、なくなり次第終了いたします。お早めにお申し込みください。

エディタV2